介護に従事する仕事の中でも、入居介護施設での業務は施設の種類によって細かい違いがあるため、自分に合ったものが選べるように特徴を知っておきましょう。

たとえば社会福祉法人や自治体が主に運営する特別養護老人ホームは要介護3以上の方が入居することが多く、業務では身体介護を行うのが基本です。介護資格がなければ身体介護は行えませんが、要介護者に触れない支援は資格がなくても行えます。また、外出時の付き添いやレクリエーションの運営なども業務のひとつです。入居施設に分類されるため夜勤がありますが短時間のパートや日勤のみを募集しているケースも存在し、反対に夜勤だけの勤務形態を募集する施設もあります。

次に介護付きの有料老人ホームは民間の企業が運営しています。入居条件がないので要介護度が軽めの入居者も多いのが特徴です。仕事内容は特別養護老人ホームのように生活援助や身体介護が基本ですが、サークル活動の手助けをすることも多いです。ホームによって運営の方針やケアの方法に細かい違いがあるので、自分の性格に合ったところを探しましょう。

この他、サービス付きの高齢者向け住宅でも介護職を募集していることがありますが、住宅という位置づけになるので身体介護といった介護保険サービスを提供することは原則としてありません。利用者は外部のデイサービスや訪問介護事業者と別途契約を結びます。そのため、サービスとして提供するのは食事の提供や生活相談などが中心です。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 新たな門を叩く。. All Rights Reserved