介護に従事する仕事は社会貢献になるのが魅力であり、自分が働いている社会的な意義を考えやすくなります。その観点から介護士になろうと考える人もいますが、現場でケアを行っていると社会貢献を意識する機会はあまりありません。

なぜなら、目まぐるしく働かざるを得ない現場が増えているからです。人によっては働くモチベーションを見失ってしまうことがあります。しかし、介護士として働く魅力は、意識の持ち方次第で見出だせるようになるものであり、長く働いているうちに自分の働いている意義がわかってくるようになる人も多いでしょう。

実際に現場で介護士としてケアを行っていると、感謝の気持ちを感じ取れる機会が多く、働くことへのモチベーションを上げやすいことが魅力です。お風呂やトイレ、食事などの日常的なことの介助をしたときでも、何気ないシーンで少し話をした時に感謝を言葉にしてくれる利用者も大勢います。サービスを利用することに慣れてきてしまうと、利用者もあまり感謝を言葉にしなくなる傾向はありますが、それでも表情から感謝している様子を察することは可能です。

自分が利用者にとって良い形で貢献できているのを実感し、これからも頑張ろうという気持ちを持ちやすくなったという介護士は多くなってきました。仕事に対するモチベーションを失ってしまって悩んでいる人は、介護士になることで新たなやりがいを見出すこともできるのではないでしょうか。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 新たな門を叩く。. All Rights Reserved